薬剤師が転職する時に選ぶ企業とは

薬剤師というと調剤薬局で働いているイメージが強いかもしれませんが、
企業へ就職するという選択肢もあります。

実際に企業へ転職するというケースも多々あるのです。
企業といってもいろいろですが、薬剤師の資格を活かすのであれば
まず思い浮かぶのが製薬会社ですね。

ではどういった仕事をするのかというと、
新薬の開発や治験に関する業務などが考えられます。
新薬の開発はいわば花形です。

ひとつの薬を完成させるためには莫大な研究費用と長い年月がかかります。
臨床試験を重ね、認証を得るまでにはそれくらいはかかってしまうのです。

そんな新薬の開発には会社の命運がかかってきます。
やりがいも感じられるでしょう。

ただ漠然と働いているよりは、こういったやりがいがあったほうが仕事のしがいもあるものです。
薬剤師の資格があるだけでこういった花形の仕事ができる可能性があるのですから、
やりがいを求めるのであれば企業へ転職するという選択肢も良いと思います。

そんな時にはまず薬学専門の情報サイトを活用するなど、
まず情報を集めるところから始めましょう。

薬剤師が今の職場を辞めて転職する理由とは

薬剤師の転職理由にはどういったものがあるのでしょうか。
インターネットで検索してみるとあるアンケートがヒットしました。

そこに書かれている転職理由は、薬剤師のことを漠然と高時給の
安定職だと思っていた私にとっては意外なものばかりでした。

たとえば長時間労働を強いられる、残業が多い、仕事の割に待遇が良くない、などです。
こういった理由を転職理由として挙げる人は薬局の薬剤師として勤めていた人が多いようです。

薬局の場合はひとりで行える処方箋の数が決まってしまっています。
これには経験は関係ありません。長く働いていても、新卒でも同じなのです。

所得に制限がある、といっても間違いではないはずです。
こういったことから給料も上がらず、不満を抱かれているというわけですね。

しかも薬局の場合、薬の調合だけではなく他の雑用も任されることになるようで、
その内容を鑑みるに給料が安すぎると感じる薬剤師が多いようなのです。

薬剤師は売り手市場だと言われますが、こういった背景があるからこそ
小さな薬局が薬剤師不足に悩むという現状が作り出されるのですね。

薬剤師が今の職場を辞めたいと思う最大の理由

薬剤師を辞めたいと思う人は少なくないようです。
せっかく何年も学校に通わないと取得できない資格をもって
仕事をできて時給も高いのに何故薬剤師を辞めたいと思うのでしょうか。

特に調剤薬局の薬剤師に的を絞って考えてみると、
やはり人間関係が大きいのではないかと思います。

調剤薬局の中は少人数で働くことも多く、また女性も多いことから
一度対立してしまうと修復が難しいということは実際にあると思います。

対立しているのが自分とは違う人でも、中立の立場を保つことであるとか
管理薬剤師としてならばそれをまとめなければならないなどいろいろなストレスがあるはずです。

特に調剤薬局の薬剤師の中には仕事が辛いと訴える人も多いようです。
勤務先を変えれば良いのでは、と思ってしまいますが、どこに移っても
同じだと考えてしまうケースが多いようなのです。

たとえば個人の調剤薬局では思うように休憩がとれなかったりなど
意外と不都合な点があります。

それを一度経験してしまうと、どこへいっても同じだと
思ってしまうのも致し方ないかもしれませんね。